夏より大事な冬の美白ケア

冬といえば冷たい外気や暖房など「乾燥対策」として、保湿ケアに重点を置き「美白ケア」がおろそかになってしまいがちです。実は冬こそが「美白ケア」をする上で一番最適な時期であり、シミ予防の時期なんです。

油断しがちな、冬の紫外線対策
みなさんもご存じの様に、1年通し見ても春夏に降り注ぐ紫外線に比べれば、確かに秋冬の紫外線の強さも量も少なくなります。しかし、完全になくなるわけではありません。
ピーク時の夏場の紫外線が「10」だとしたら、冬の紫外線は「2」(夏場の5分の1)くらいになります。
紫外線がいくら夏場の5分の1になったと言っても積み重なれば肌にとって相当なダメージになります。
しかも、春から夏にかけて紫外線を受けて肌にはダメージが蓄積されているわけですから夏の紫外線対策と同じくらい、いやそれ以上に冬の紫外線対策をすべきかもしれないのです。
秋冬の美白ケアを怠ると・・・
秋から冬にかけてどうしても「乾燥」が気になります。この「乾燥」は、お肌のバリア機能を低下させ、夏よりも紫外線の影響を受けやすい状態になります。しかも、紫外線は水分の蒸発を促す性質があるので、乾燥した状態で紫外線を浴びてしまうとより肌が乾燥してしまうという悪循環も生まれます。
また、夏の日焼けの色が残っている肌は日焼けしていない肌よりも紫外線の吸収も高いので要注意です!「乾燥」ばかりを気にして、夏に作ってしまったメラニンをケアもせず放置していると本格的なシミとなってしまいます。
隠れシミ対策

一見シミがない肌の人でも、殆どの人は表面的には見えない隠れシミを持っていると言われています。
1年中太陽から降り注ぐ紫外線を浴びることで、少しずつ肌の奥に蓄積されているメラニンが潜んでいます。表面的に全くシミとはわかりませんが将来、表面に出てくるシミ予備軍、それが「隠れシミ」です。

「最近シミが気になるなぁ~」とか、
「そろそろ暑くなってきたから美白を買わないと!」とか、
「うっかり日焼けしちゃった・・・」
と焦って、美白ケアをしても手遅れなんです。

美白ケアというのは1年365日するのが基本です。未来の白い肌、シミのない肌の為にも、日々の予防が大切です!!

冬の美白ケア
1年通して紫外線量が少ない冬は、美白の最適なシーズンです。夏に作られ蓄積されたメラニンや隠れシミを一掃する絶好の時期です。昼間の紫外線量も夏に比べて圧倒的に少ない冬の美白ケアは効果が現れやすいからです。冬は、「乾燥」を気にするあまり、紫外線対策さえ怠り勝ちになるこの季節ですが、白い美肌になるためには最大の美白チャンスです!
冬の美白ケアは、「保湿」が最優先です。乾燥しているとせっかく与えた美白成分が肌の奥まで浸透していかなので、まずは保湿を十分に行い乾燥で固くなった肌をケアしましょう。
肌全体にハリや潤いを与えてあげると、ひとつひとつの肌細胞が巡る働きを活性化し、本来もっている肌の透明感や明るさを引き出してくれます。
明るく透明感のある美肌で春先を迎えるためにも、冬も秋と同じ様に、「乾燥対策」だけでなく「美白ケア」も行いましょう!!

※「シミ」「美白」…メラニンの生成を抑制して、日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ

TOPへ戻る