春からはじめる美白ケア

冬の寒さも終わり、春になると気温も暖かくなり外出の機会も多くなります。春といえば「くすみ」が気になりがちですが、一番ケアしないといけないのは、3月頃から上昇する「紫外線」です。この時期は「紫外線」と「くすみ」を意識した美白ケアをしないと「隠れシミ」の原因にもなります。春から紫外線対策をはじめる亊が美白を手に入れる第一歩なのです。

油断しがちな、春の紫外線対策
“春美白”なくして一年中、透明感のある白い肌は手に入りません。
みなさんもご存じの様に、年間通して見ても春の紫外線は、夏に降り注ぐ紫外線に比べれば、日差しの強さも量も少なくなります。しかし、紫外線は浴びていないわけではありません。
紫外線は、「シミ」や「そばかす」だけではなく、「シワ」や「たるみ」などの老化を早める原因にもなります。
しかも、GW辺りから急激に紫外線の量は上昇します。心地の良い日差しだからといって油断してケアを怠ってしまうと、紫外線を受けた肌は少しずつダメージが蓄積され「隠れシミ」の原因にもなります。日差しの強い夏になってから焦ってケアをはじめても遅いのです。
春の「保湿」を怠ると・・・
「保湿」というと、どうしても「冬の乾燥」を連想する方が多いと思います。しかし春になっても「保湿」はとても重要です。「冬の乾燥」が落ち着き、保湿を怠り気味になる時期こそ「保湿」が大切になります。春の日差しが心地よく、ついつい素肌をさらしてしまいがちになります。しかし、春の肌はメラニンが少なく無防備で敏感になっているので、「隠れシミ」が出来やすい状態です。しかも、紫外線は水分の蒸発を促す性質があります。しっかりと「保湿」をしてうるおいのある肌を心がけましょう。
鼻筋や額などのTゾーンだけでなく、くすみの気になる目元や忘れがちな首筋も紫外線から守るようにケアしていきましょう。
隠れシミ対策

一見シミがない肌の人でも、殆どの人は表面的には見えない隠れシミを持っていると言われています。
1年中太陽から降り注ぐ紫外線を浴びることで、少しずつ肌の奥に蓄積されているメラニンが潜んでいます。表面的に全くシミとはわかりませんが将来、表面に出てくるシミ予備軍、それが「隠れシミ」です。

「最近シミが気になるなぁ~」とか、
「そろそろ暑くなってきたから美白化粧品を買わないと!」とか、
「うっかり日焼けしちゃった・・・」
と焦って、美白ケアをしても手遅れなんです。

美白ケアというのは1年365日するのが基本です。未来の白い肌、シミのない肌の為にも、日々の予防が大切です!!

春美白の重要性
春は、年間通してみても紫外線量が急激に増える季節なので、美肌、美白を維持するためには重要な時期でもあります。日差しも心地よく外出の機会も増えて素肌をさらすことも多くなればそれだけ紫外線を浴びることになります。しかも、春肌は、メラニンが少なく、とても敏感になっています。しっかり保湿をして肌にうるおいをあたえてからUVケアをすることで、春の紫外線から肌を守ることができます。いくら美白成分を与え肌の奥深くまで浸透していても、紫外線を浴びてメラニンを生成しまっては本末転倒です。夏の日差しに負けない美肌・美白をつくるためにも、春の美白重要なのです。
「春美白」をしっかり行い、ひとつひとつの肌細胞が巡る働きを活性化し肌全体にハリや潤いを与え、肌がもっている本来の透明感や明るさを引き出していきましょう。春の日差しに映える美肌美人を目指すということは、明るく透明感のある美肌で夏を迎える準備をしていくことにもなります。春も夏と同じ様に、「紫外線ケア」と「美白ケア」を同時に行いましょう!!

※「シミ」「美白」…日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ

TOPへ戻る

ランキング TOP5